婚活の年収欄は所得で書くべき?自営業・個人事業主の収入の伝え方

自営業・個人事業主だと婚活の年収欄をどう書くか迷いますよね。

そこで今回は、あなたと同じく個人事業主として恋活・婚活をしてきた僕が、婚活で自営業・個人事業主の『正しい年収の書き方』と、『婚活に実用的な書き方』の2つをご紹介します。

どちらを選ぶかはあなたにお任せしますので、まずは方法も確認していきましょう( ̄∀ ̄)v

⇒関連:自営業・個人事業主にオススメの婚活方法

自営業・個人事業主の年収欄の書き方

1.正しい年収の書き方

自営業・個人事業主は婚活の年収欄には『所得』で書くのが正しい書き方です。

結婚相談所に勤めている知人に確認したところ、入会時に必要な年収証明書の『所得欄』を年収プロフィールに記載すると言っていたので一般的な書き方だと思います。

まあ確かに自営・個人事業の場合は「収入=売上」と考えると思いますが、売上を年収としてしまうと婚活ではだいぶ高収入だと思われてしまいますからね^^;

※補足
・収入=売上
・所得=収入−経費

2.婚活に実用的な書き方

さて、建前はさておき・・(笑)

自営業・個人事業主の婚活に実用的な書き方は、『やりすぎない程度に収入(粗利)で年収を書いてしまう』ということです( ̄ー ̄)ニヤリ

例えば僕の場合、恋活・婚活中の年収は500万円くらいで書いていました。

理由は、それが年齢に対して平均的な年収でちょうど良い範囲だと思ったからです。

自営業・個人事業主の人が売上を年収と書いてしまうと「お金持ち!」と思われる傾向がありますよね。でも実際に動かせるお金(プライベートで使えるお金)が多いと思われると後々面倒臭そうです。

かといって、自分の年齢に対して平均以上の収入にしておかないと女性の反応は悪くなります。恋活・婚活ではやはり経済力は大きな判断基準になりますからね^^;

というわけで僕は20代後半〜30歳の時は同世代の平均年収〜少し上くらいの500万円と書いていたわけです。

※実際は節税対策で100万円以上所得を抑えていたので、所得は400万円を切っていました。額面上は230万くらいの時もありました。

ただ、それを正直に書くと婚活市場では戦えないですからね^^;

自営業・個人事業主は不安定と思われるからこそ盛るべし!

婚活をしていると「自営業とか個人事業主ってやっぱり不利だな〜」と思ったことはありませんか?

僕はちょこちょこありましたよ。婚活中に知り合った女の子とデートに行くと大抵仕事の話になって「正直不安定そう〜!」と言われますから。

でも僕自身は自営業や個人事業主として自分で独立してやっている男性の方がかっこいいと思うし、収入だって自分次第で青天井だから将来性だってあると思います。

ただ、世間一般的にはやはり

「自営・個人事業=不安定そう」

と思われてしまっているので、どうしても経済面でデメリットになってしまいます。

でもだからこそ、プロフィールの年収欄は多少盛ってでも稼いでいるアピールをしといた方が良いと思うんですよね。(やりすぎはダメですよ!笑)

『しっかり将来を考えて、「自分の人生は自分で舵を取る!」というつもりで自営・個人事業主として仕事してるんだよね。』

そういう風に自信を持って語れる男性はかっこいいし、女性からもモテますよ♪

⇒自営業・個人事業の男性が婚活でモテる方法

まとめ:

以上、婚活で大事な年収欄について、自営業や個人事業主の人たち向けに正しい書き方と実用的な書き方をご紹介してきました。

自営はお財布が公私分けづらいと思いますが、逆にそれを婚活で有効活用して、少しでも素敵な女性に興味を抱いてもらうようにしてしまいましょう!

なお、結婚相談所に関してのみ、年収証明書を提出しないといけないので『年収=所得』になってしまいます。

税金コントロールをして所得を抑えている方は相談所は不向きなので、恋活アプリやイベント系をメインに出会いを増やしてみてください^^

⇒自営でも出会えた!おすすめの恋活アプリ特集

⇒今ホットな婚活イベントはこちら

 

ところで話は変わりますが、あなたはいつ頃法人化する予定ですか?

僕も3年ほど個人事業主をしてから法人化したんですけど、年収200万円以上になっているなら法人化した方がはるかに節税ができるし、税金コントロールできる幅が広がりますよ!

しかも法人化すれば婚活でも「経営者です」「社長やってます」と堂々と言えますしね(* ̄ー ̄)ニヤリ

ちなみに、よく税理士さんで「法人の目安は売上1,000万円くらい」「所得が600万円を超えたら」という話をする人がいますが、完全に都市伝説なので鵜呑みにしないようにしてください。

僕はこれを鵜呑みにして法人化を後回しにしていました。そして今かなり後悔しています(苦笑)

税理士顧問をつけていたり、知り合いに税理士がいる人は是非一度法人化について相談して、勉強してみてください^^

税理士のツテがない人は完全無料で税理士を紹介してくれるサービスがあるので、それを使って何人かと会ってみると勉強にもなるのでおすすめです。

⇒税理士無料紹介サービス

事業主用

【最新版】本気で彼女が欲しい人におすすめの恋活アプリランキング

Omiai(オミアイ)−真面目に可愛い子と出会えるアプリ

サクラゼロ宣言

Omiaiは女性会員の真剣度が高く、安全性も抜群の恋活アプリです。

サービスの規模・知名度的にはペアーズに続く2位ですが、アクティブユーザーが多いためマッチング成立やデートに進みやすく、恋活・婚活にぴったりな出会いがあります。

真面目な出会いが欲しいなら、Omiaiは使って大正解の超おすすめアプリですよ!

with(ウィズ)−1ヶ月無料キャンペーンは最強!

with(ウィズ)はメンタリストDaiGoが監修を務め、心理学を使った性格診断テストでマッチングできる面白い婚活アプリです。

リリース1年で会員が急増中、しかも現在1ヶ月間無料キャンペーン中なので男性はタダで出会いを増やせるチャンスです!

DaiGoの心理テストを活用して、価値観や共通点の合う女性を探してみては?

pairs(ペアーズ)−有名すぎる恋活アプリ!

pairs

ペアーズは累計会員数が500万人を突破し、婚活サービスでダントツの規模・出会いやすさ・そして可愛い子の多さを誇っています。

しかも料金価格も他のサービスより安く、コスパもダントツで高いです♪

ただ、彼女が欲しいならまず押さえておくべきサービスですが、有名すぎて「当然もうやってるよね?」ということでランキングでは3位です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

3年間の婚活を経て理想の女性と出会い、付き合って5ヶ月で結婚。現在倖せな結婚生活を満喫中。

恋活アプリ12個、婚活サイト5個、婚活パーティー10回以上、街コン6回位と、たくさんの婚活サービスを試してきました。

また、婚活イベント会社で1年間働いたこともあり、200回以上のパーティー運営をした経験もあります。

当サイトでは婚活男性向けに、僕が経験してきたことや働いていて得た情報を余すことなく公開しています^^

訪問者の皆さん倖せな結婚に近づけるよう、少しでもお役になれたら嬉しいです♪