婚活サイトの必要書類6つと取得方法まとめ|提出書類を用意しよう!

婚活サイトで本格的に活動する場合、必要書類を提出する機会が多いため、今のうちから各種証明書の書類は用意しておいた方が楽です。

ただ、必要書類の種類や取得方法がわからないと思いますので、今回は婚活サイトで必要になる証明書6つと、それぞれの取得方法をご紹介します^^

これを読んでサクッと書類を用意して婚活サイトをスムーズに使い倒していきましょう♪

まずは基礎から!婚活サイトの必要書類6つ

  1. 本人証明
  2. 独身証明
  3. 勤務先証明
  4. 年収証明
  5. 住所証明
  6. 学歴証明
婚活サイトで必要になるのはこの6つです。婚活サイトによって提出できる書類もあればできない(提出を設けていない)書類もあります。

また、基本的にどの婚活サイトでも

  • 本人証明(本人確認)=必須
  • それ以外の証明書=提出は任意
となっているので、本人確認は必須ということだけは覚えておいてください。(出会い系サイト規制法で年齢確認が義務付けられているため)

必要書類6つの適用書類の取得方法

必要書類 証明する内容 適用書類
本人証明 名前
生年月日
有効期限(発行日)
運転免許証
健康保険証
パスポート
独身証明 独身であること
※離婚歴は不問
結婚情報サービス・結婚相談業者提出用書類
※3ヶ月以内
勤務先証明 会社名
事務所名
社員証
源泉徴収票(前年度)
給与明細(前月)
年収証明 年間の額面所得 源泉徴収票
確定申告書
納税証明
住所証明 住所 住民票
公共料金通知書
学歴証明 卒業された学校名 卒業証書
卒業証明書

まずは上図に必要書類それぞれに対する「証明内容」と「適用書類」をまとめました。

これから1つずつ取得方法を紹介していきますが、基本的には「適用書類」のどれかを用意すれば大丈夫です。

1.本人証明

  1. 運転免許証
  2. 健康保険証
  3. パスポート
この3つのうちどれかを写メに撮って婚活サイトにアップロードすれば本人確認は簡単に完了します。

※既に何かしらお持ちだと思いますので取得方法は割愛します。

2.独身証明

結婚情報サービス・結婚相談業者提出用書類(独身証明書の正式名称)
※3ヶ月以内

独身証明書は文字通り独身を証明する書類で、本籍地の役所で申請することができます。

独身証明書の取得方法は「役所で申請」と「郵送での申請」の2つがあり、できるなら役所で申請した方が簡単だし、即日発行してもらえるところが多いので楽です。

ただ、本籍地が違ったり、平日に時間が取れなかったり、恥ずかしかったりする場合は郵送で申請することになります。

独身証明書に関しては結婚相談所等でも必須になるため、別記事で取得方法など詳しくまとめました。よければ参考にお使いください^^

⇒参考:独身証明書の取得方法を詳しく解説!

3.勤務先証明

  1. 社員証
  2. 源泉徴収票(前年度)
  3. 給与明細(前月)
勤務先証明は上記3つのどれかを提出すればOKです。

年収証明と合わせて活用できるので、できれば昨年度の源泉徴収票を引っ張り出してきて写メしておくのがベストですが、なければ給与明細でも大丈夫です。

※こちらも既に持っていると思いますので、取得方法は割愛します
※「在籍証明書」という正式な書類もありますが、婚活サイトではここまでする必要はないのでご安心ください^^

4.年収証明(収入証明)

  1. 源泉徴収票
  2. 確定申告書
  3. 納税証明
年収証明確認には上記3つのどれかが必要になります。

また、提出書類の選び方は2択で、

  • 会社員:源泉徴収票
  • 個人事業主・自営業:確定申告書
を提出すのがおすすめです。納税証明書は取得するのが面倒臭いですからね^^;

※こちらも既に持っていると思いますので、取得方法は割愛します

5.住所証明

  1. 住民票
  2. 公共料金通知書
住民証明は住所がわかる書類を提出すればOKです。

住民票の取得方法は近くの役所かコンビニ、証明書発行コーナーで発行することができます。最近マイナンバーカードを持っていればコンビニで発行できるようになったので便利です。

また、公共料金通知書は電気代・ガス代・水道代・NHK代・携帯代など、水道光熱費(公共料金)の請求書や領収書です。

ポストに入っている公共料金の請求書で、名前や住所が記載されているものを写メって提出しましょう。

※これら書類の効力は発行から3ヶ月以内です

6.学歴証明

  1. 卒業証書
  2. 卒業証明書
学歴証明には2つのうちどちらかを用意する必要があります。

卒業証書は卒業式でもらったものですので、家に保管している場合は写真を撮ってアップロードしましょう。

手元にない場合は卒業証明書を取得する必要があります。

卒業証明書の取得方法は簡単で、あなたの出身校の事務へ連絡するだけです。大体5日〜7日くらいで郵送してもらえます。

ただし、発行の流れは学校によって異なりますので、詳細は一度母校の卒業証明書の請求方法をご確認ください。

婚活サイトの提出書類で重要なのはこの2つ!

  1. 年収証明書
  2. 独身証明書
婚活サイトの提出書類のうち、重要なのはこの2つです。

理由は婚活女性が安心したり、好印象を与えることができるからです^^

女性は僕ら男よりも結婚を現実的に(シビアに?)考えています。多くの女性は結婚をしたら出産・子育てをするわけで、その間に自分が働けなくなってしまいます。

ですので贅沢はできずとも、最低限安定した経済力のある男性を結婚相手に選びたいと思っているわけです。

また、真剣に婚活をしている女性は「次にいい人がいたらその人と結婚したい」と思って婚活サイトを活用しています。年齢的にも悠長にしている時間がないわけです。

そんな女性にとって一番のリスクは、婚活サイトで好きになった男性が既婚者だった(遊ばれた)、というパターンです。

ですのであなたが独身証明書を提出しているだけで、女性は他の男性よりも安心感を抱いてくれるわけですね。

書類を提出したら個人情報バレたりしない?

もしかしたら婚活サイトに個人情報をばらまくようで抵抗があるかもしれませんね。

ただ、ちゃんと大手企業が運営している婚活サイトを選べば個人情報の流出等の心配はないのでご安心ください^^

⇒安全性の高い婚活サイトはここ!

というかどうしても提出したく書類がある場合は無理して出す必要もありません。あくまでも任意ですし、女性の信頼度を高めるのが目的なだけですからね。

まとめ:

今回は婚活サイトの必要書類6つと各々の取得方法について紹介してきました。

婚活サイトでは基本的に本人証明以外は提出義務はなく、提出するかどうかは自由に選ぶことができます。

ただ、できれば『年収証明』と『独身証明』は提出しておいた方が女性の印象は良くなるので、それを踏まえた上で取捨選択してもらえばよいかと思います^^

あなたに素敵な出会いがあることを心から願っています♪

【最新版】本気で彼女が欲しい人におすすめの恋活アプリランキング

Omiai(オミアイ)−真面目に可愛い子と出会えるアプリ

サクラゼロ宣言

Omiaiは女性会員の真剣度が高く、安全性も抜群の恋活アプリです。

サービスの規模・知名度的にはペアーズに続く2位ですが、アクティブユーザーが多いためマッチング成立やデートに進みやすく、恋活・婚活にぴったりな出会いがあります。

真面目な出会いが欲しいなら、Omiaiは使って大正解の超おすすめアプリですよ!

with(ウィズ)−1ヶ月無料キャンペーンは最強!

with(ウィズ)はメンタリストDaiGoが監修を務め、心理学を使った性格診断テストでマッチングできる面白い婚活アプリです。

リリース1年で会員が急増中、しかも現在1ヶ月間無料キャンペーン中なので男性はタダで出会いを増やせるチャンスです!

DaiGoの心理テストを活用して、価値観や共通点の合う女性を探してみては?

pairs(ペアーズ)−有名すぎる恋活アプリ!

pairs

ペアーズは累計会員数が500万人を突破し、婚活サービスでダントツの規模・出会いやすさ・そして可愛い子の多さを誇っています。

しかも料金価格も他のサービスより安く、コスパもダントツで高いです♪

ただ、彼女が欲しいならまず押さえておくべきサービスですが、有名すぎて「当然もうやってるよね?」ということでランキングでは3位です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

3年間の婚活を経て理想の女性と出会い、付き合って5ヶ月で結婚。現在倖せな結婚生活を満喫中。

恋活アプリ12個、婚活サイト5個、婚活パーティー10回以上、街コン6回位と、たくさんの婚活サービスを試してきました。

また、婚活イベント会社で1年間働いたこともあり、200回以上のパーティー運営をした経験もあります。

当サイトでは婚活男性向けに、僕が経験してきたことや働いていて得た情報を余すことなく公開しています^^

訪問者の皆さん倖せな結婚に近づけるよう、少しでもお役になれたら嬉しいです♪